商品案内

軽量大型ドア

イスターカーテン(アルミ折れ戸)

複層ガラス各種

ガラスパネル

パネリス工事・パーティション工事

ガラスパネル G-SQUARE

ガラスパネル G-SQUARE

ガラスパネルとは

ガラスパネルとは、組み立て式プレハブ冷蔵庫用の断熱パネルに組み込むことができる、高断熱複層ガラスでできたパネルです。一般の組み立て式プレハブ冷蔵庫の一部または全部にガラスパネルを組み込めば、シースルーのガラス冷蔵庫にすることができます。
ガラス冷蔵庫の施工例もあわせてご覧ください。

シースルータイプの組立式ガラス冷蔵庫

ガラス冷蔵庫の構造は、一般の組み立て式プレハブ冷蔵庫の構造と共通です。この組み立て式プレハブ冷蔵庫の壁パネルの全部または一部を複層ガラスパネルに差し替えることで、簡単にガラス冷蔵庫が出来上がり、ディスプレイ効果に優れた店舗デザインを演出することができます。

ガラス冷蔵庫(ワインセラー)

ワインセラーに

ガラス冷蔵庫(フラワーキーパー)

フラワーキーパーに

1モジュールパネルの組み合わせでレイアウトフリー

ガラス冷蔵庫の構造は、一般の組み立て式プレハブ冷蔵庫の構造と共通です。この組み立て式プレハブ冷蔵庫の壁パネルの全部または一部を複層ガラスパネルに差し替えることで、簡単にガラス冷蔵庫が出来上がり、ディスプレイ効果に優れた店舗デザインを演出することができます。
実際の施工例もあわせてご覧ください。

ガラス冷蔵庫のレイアウト1

部屋の形に合わせた配置

ガラス冷蔵庫のレイアウト2

部屋の中央に配置

ガラス冷蔵庫のレイアウト3

L字型の配置

※ 図面作成・イメージイラスト制作など、お気軽にご相談下さい。

2迅速・確実な施工を約束

ガラス冷蔵庫分解図

床パネル・天井パネル・壁パネル・ガラスパネルといったモジュール化されたパネルを組立てるだけですから、お客様のご要望に合ったガラス冷蔵庫を迅速・確実に施工致します。

3高い断熱性能

複層ガラスパネルは、使用する温度帯によって3つのタイプをご用意しています。ご利用のシーンに合わせて最適な複層ガラスパネルをご提案します。もっともグレードの高いCタイプには日本板硝子製の真空ガラス『スペーシア』を利用しており、高い断熱性能を有しています。

ガラスパネルタイプ別 熱貫入率
透視部K値
複層ガラスパネルの周辺部以外の透視可能な部分の熱貫流率(1u当りの1時間の熱通過量をキロカロリーで表示した値)
透視部U値
複層ガラスパネルの周辺部以外の透視可能な部分の熱貫流率(1u当りの1時間の熱通過量をワットで表示した値)

※ どちらも数値が低いほど断熱性能が優れています。

※ 複層ガラスパネルのフレームと、フレームに面したガラス部分は、複層ガラスパネル中央部と比べて断熱性能が低くなっており、湿度が高く風通しも悪い環境では、結露する場合があります。

4特殊ガラスが遮熱効果を発揮

Bタイプ、Cタイプの複層ガラスは、特殊金属膜がコーティングされたLow-Eガラスを採用。Low-Eガラスは断熱性能を高めるだけでなく、日射熱もカットしますので、冷却ユニットの負荷も最小限に抑えます。

5強化ガラスで安全対策

外部に面するガラスは全て、非常に割れにくい強化ガラスを採用。オプションで、万が一ガラスが割れても破片が飛散しない、透明飛散防止フィルムを貼っての出荷も致します。
※ 飛散防止フィルムは傷つきやすいため、設置後の取扱いには充分ご注意ください。

■複層ガラスの構造(Cタイプ)

ガラスパネル詳細

複層ガラスパネル一覧表

ガラスパネルType
A B C
フレームの色 ブラック・ライトグレー ブラック・ライトグレー ライトグレー
ガラスの構成 TP-FL-TP TP-SG-TP TP-ST-TP
厚み構成 D13C13D D13C13D D12E12D
総厚 40mm 40mm 40mm
重量 61kg 61kg 70kg
使用温度 15℃ 10〜15℃ 5〜10℃
透視部U値 1.85w/uK 1.43w/uK 0.96w/uK
透視部K値 1.59kcal/uh℃ 1.23kcal/uh℃ 0.82kcal/uh℃
最小製作寸法 巾300mm×高さ350mm 巾300mm×高さ350mm 巾300mm×高さ350mm
最大製作寸法 巾900mm×高さ2400mm 巾900mm×高さ2400mm 巾900mm×高さ2400mm
ガラス構成
TP:強化ガラス
FL:普通ガラス(フロート板ガラス)
SG:Low-Eガラス
ST:真空ガラス(日本板硝子 スペーシア)
厚み構成
D:ガラス5mm厚  C:ガラス4mm厚  E:ガラス6.2mm厚
13:乾燥空気層13mm  12:乾燥空気層12mm
総厚について
ガラスと乾燥空気層で構成される複層ガラスパネルの総厚です。
重量
表の重量は巾900mm×高さ2100mmのガラスパネル1枚の重量です。
使用温度とは
冷蔵庫の庫内設定温度。
(冷蔵庫周辺が蒸し暑い状態の時はガラス面に結露が発生することがあります。)
最大製作寸法
巾は900mmが最大ですが、別途お打ち合わせの上1200mmまで対応可能です。

※ 断熱性能が高くなるに従ってガラスパネルの透明度が下がります。

対応可能な組み立て式プレハブ冷蔵庫

国内メーカーの一部になります。詳しくは当社営業課にお問い合わせください。

ドアについて

冷蔵庫の出入り口となるドアには組み立て式プレハブ冷蔵庫メーカー標準のセミオーバーラップドアのほか、インフィットタイプの樹脂枠フラッシュドアもご用意できます。また、どちらもオプションで覗き窓を付けることが可能です。

窓について

また、ガラスパネル部分ではなく壁パネル部分でしたら、樹脂サッシの引き違いドアを取り付けることもできます。

セミオーバーラップドア

セミオーバーラップドア
(庫内温度5℃以上用)

樹脂サッシの引き違いドア

樹脂サッシの引き違いドア

▲

まずはお気軽にご相談ください!

Map icon 営業所をみる

Mail icon お問い合わせへ