商品案内

工場・クリーンルーム用防災設備

軽量大型ドア

イスターカーテン(アルミ折れ戸)

複層ガラス各種

ガラスパネル

パネリス工事・パーティション工事

軽量スチールドア DSST-N

DSST-N(軽量スチールドア)

DSST-N40見た目もスマートな軽量スチールドア

内部はアルミフレームとハニカム材やスチレンフォーム、表面材は0.4mmから0.8mmの薄物鋼板で構成された軽量スチールドアです。錆止め塗装での出荷のほか、指定色での焼付け塗装出荷にも対応します。覗き窓やエッジ材をステンレスに変更することもでき、自由度の高い軽量鋼製ドアとなっています。
※ 特定防火設備、防火設備にはなりません。構造規定による防火設備として、” DSST−R40“ をご利用ください。
※ 扉本体の周囲には、1.6mm厚のスチールエッジ材が回っています。

  • ドア内部はアルミフレームとハニカム材やスチレンフォーム(断熱不燃の場合は不燃ポリスチレンフォームまたはフェノールフォーム)の組み合わせなので、非常に軽量
  • 各種FIX窓やガラリを用意するなど、オプションも充実
  • すべて1mm単位のオーダーメイド

DSST-N40・片開-3方枠

DSST-N40-片開-3方枠図面 【クリックして拡大】
DSST-N40(片開)図面集

DSST-N40・両開-4方枠

DSST-N40-両開-4方枠図面 【クリックして拡大】
DSST-N40(両開)図面集

平成12年5月24日建設省告示第1360号(建築基準法に基づく告示)

建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第九号のニロの規定に基づき、防火設備の構造方法を次のように定める

第1  建築基準法施工令(昭和25年政令第388号)第109条の2に定める技術的基準に適合する防火設備の構造方法は、
次に定めるものとする。

一  建築基準法施工令第114条5項において準用する建築基準法施工令第112条第16項に規定する構造とすること。

二  次のイからホまでのいずれかに該当する構造とすること。
   イ 鉄材または鋼材で造られたもので、鉄板または鋼板の厚さ0.8o以上のもの
   ロ 鉄骨コンクリート製または鉄筋コンクリート製で厚さが3.5cm未満のもの
   ハ 土蔵造の戸で厚さが15cm未満のもの
   ニ 鉄及び網入りガラスで造られたもの
   ホ 骨組みを防火塗料を塗布した木材製とし、屋内面に厚さが1.2cm以上の木毛セメント板又は厚さが0.9cm以上の
        せっこうボードを張り、屋外面に亜鉛鉄板を張ったもの

三  前号イ又はニに該当するものは、周囲の部分(防火戸から内側に15cm以内の間に設けられた建具がある場合においては、
その建具を含む。)が不燃材料で造られた開口部に取り付けなければならない。

四  開口面積が0.5u以内の開口部に設ける戸で、防火塗料を塗布した木材及び網入りガラスで造られたもの

第2  第1に定めるもののほか、防火戸が枠又はほかの防火設備と接する部分は、相じゃくりとし、又は定規縁若しくは戸当り
を設ける等閉鎖した際にすき間が生じない構造とし、かつ、防火設備の取付金物は、取付部分が閉鎖した際に露出しないよう
に取り付けなければならない。

▲

まずはお気軽にご相談ください!

Map icon 営業所をみる

Mail icon お問い合わせへ