商品案内

複層ガラス各種

ガラスパネル

パネリス工事・パーティション工事

アルミガラリ-両フランジ型 GA

GA(アルミガラリ-両フランジ型)

GA取付け簡単なアルミガラリ

一定の厚みの壁に挟み込んで固定する、開口回りに下地不要で取付けが簡単なアルミガラリです。30mm〜36mmと、40mm〜44mmまでの壁厚、ドア厚に対応します。ガラリの羽根は固定式で山型と片流れの2種類を用意、さらに形状やピッチを変えて開口率の異なる計5種類をラインアップしています。山型ガラリの開口率は30%と52%の2種類、片流れガラリは開口率50%の他52%と、さらに開口率の高い60%の3種類を用意しています。

  • 枠の両側はテーパーまたはフラット形状でHACCPに対応
  • 窓枠同士を引っ張り込むようにして固定するので、開口周りに下地は不要
  • 羽根の形状や開口率によって5種類を容易
  • 一部オプションでフィルターやステンレス防虫網も装着可能
  • すべて1mm単位のオーダーメイド

※   対応パネル厚以外のパネルに取り付けるものや、暗室用、スライドレジスターなども取り扱っております。
また、開口率30%・50%以外のものもご相談下さい。

GA30・32・34・36(山型-Y30/片流れ-N50)

GA30-図面 【クリックして拡大】
アルミガラリGA(両フランジ型) 図面集

GA40・42・44(山型-Y30/片流れ-N50)

GA40・42・44-図面 【クリックして拡大】
アルミガラリGA(両フランジ型) 図面集

GA40・42・44(山型-Y52/片流れ-N52/片流れ-N60)

GA-図面 【クリックして拡大】
アルミガラリGA(両フランジ型) 図面集

山型

縦桟山型

片流れ

縦桟片流れ

製作範囲

型式 GA30・32・34・36・40・42・44
有効寸法 W寸法 118 ※1 〜2000 ※2
H寸法 118 ※1 〜2000
備考 有効面積で2uまでです。

※ 単位=mm

※1 枠外寸法で350mm未満の場合、トメの精度が落ちることがあります。
※2 羽根形状 山型はW1500mm以上、片流れはW1000mm以上で中央に縦桟が入ります。

仕様

型式 GA30・32・34・36 GA40・42・44
Y30
(山型)
N50
(片流れ)
Y30
(山型)
Y52
(山型)
N50
(片流れ)
N52
(片流れ)
N60
(片流れ)
羽根の形状 山型 片流れ 山型 片流れ
計算上の開口率※1 30% 50% 30% 52% 50% 52% 60%
流量係数α 0.084 0.23 0.084 0.16 0.23 0.34 0.38
圧力損失係数ζ 141.4 19 141.4 39.2 19 8.41 6.95
枠の形状 テーパー テーパー フラット テーパー フラット
対応厚み 30mm〜34mm 40mm〜44mm
枠・羽根の材質 アルミ形材(アルマイトシルバー・クリアー仕上げ)
パネルへの固定方法 副体をネジ固定(下地不要)

※1 計算方法は下記「ガラリ開口率の計算方法」を参照ください。

●「流量係数α」、「圧力損失係数ζ」について
これらの数値は、公的試験機関にてJSTML6201「換気ガラリの通気性能試験方法」に基づいて試験した結果、得られた数値です。 (試験体の有効方法 368W×347H)

流用係数α・・・空気の流れやすさを表します(最大1最少0)。開口のみの状態でも、開口周囲の抵抗により、数値は1ではなく0.6程度と言われています。
ガラリの有効面積(当社ガラリの有効W寸法×有効H寸法)にかける事で、有効開口面積となります。 流量係数は試験サンプルの有効開口面積を測定結果から求めて、有効面積で割った値として算出されます。

圧力損失係数ζ・・・通気抵抗の大きさを表します。
圧力損失係数に空気の密度/2×空気の速度の2乗をかけると圧力損失の値となります。

型式の見方

(例) GA
型式
40
壁厚
- N
羽根
52
開口率

羽根の形状

山型

羽根形状山型
【クリックして拡大】

片流れ

羽根形状片流れ
【クリックして拡大】

開口率の計算

開口率=空気通路最少間隔(A)/羽根のピッチ(B)

ガラリ(GA30・32・34・36)Y30型(山型)・N50型(片流れ)、
ガラリ(GA40・42・44)Y30型(山型)・Y52型(山型)・N50型(片流れ)・N52型(片流れ)・N60型(片流れ)の
開口率計算は以下の通りです。

ガラリの開口率の計算
▲

まずはお気軽にご相談ください!

Map icon 営業所をみる

Mail icon お問い合わせへ