開発課のインタビュー | サンワイズ株式会社

ホームページへ

お問合せ

RECRUIT ーサンワイズ採用情報ー

インタビューInterview

サンワイズ開発課のインタビュー

開発職

落合 史唯

Ochiai Fumitada

開発課

2014年入社

サンワイズ開発課のインタビュー

新商品の開発と既成商品の改善を行っています

新商品の開発にあたっては、材料決めや費用計算、強度や寿命を加味した構造決定をし、図面を作成して試作を繰り返します。発売準備および発売後の経過確認も含めたこれら一連の開発業務に加え、すでにある商品に関しても同様に改善作業を行っています。求職時は、大学で化学系を専攻していたこともあり研究職や開発職に就きたいと考えていましたが、当社に決めるきっかけは合同企業説明会でした。説明員だった方が「うちはブラックじゃないから」と公言していて、そこから感じ取れる後ろめたさの無さやストレスフリーな雰囲気に惹かれたことが理由です。

サンワイズ開発課のインタビュー

建具の未来を常に予想する仕事

役職に関係なく若手の意見も聞いてくれるのが当社全体で言える良いところだと思います。そのかわり若手であってもひとりひとりにかかる責任は重いです。開発課に関して言えば、ルーティンワークが無いことが特徴です。私は建具の開発に関して未経験だったため、新入社員のときは所属長の補佐や雑務が中心で、入社2年目以降から本格的に開発・改善業務に携わらせていただきました。クリーンルーム用建具の未来の需要を常に予想しながら開発・改善にあたるので、日々異なる作業をするのは当然ともいえるかもしれません。

サンワイズ開発課のインタビュー

数字だけでなくあらゆる“計算”ができる人

開発職は、コストはどれくらいか?利率はどうか?強度は?安全性は?など、数字を扱う機会がとても多いです。業界の未来を見通すことも必要なので、色々な意味で計算のできる人が重宝されます。また、建具開発を専門的に行うため、理・工学系の知識があると力を発揮しやすいと思います。サンワイズは休暇が取りやすく、残業代もしっかりもらえますし、日々決まった業務ではないので自分で課題を見つけ出していくスタイルが好きな方にとっては働き甲斐のある会社だと思います。

サンワイズ開発課のインタビュー