商品案内

複層ガラス各種

ガラスパネル

パネリス工事・パーティション工事

スチールフラッシュドア DST

DST(スチールドア)

DST40特定防火設備・防火設備対応の鋼製フラッシュドア

気密性尿-4等級。詳しく見る→

建築基準法の特定防火設備※1・防火設備※2の構造規定をクリアした鋼製フラッシュドアです。外枠の形状や見込み寸法、気密パッキンの有無等を自由に選択できます。仕上げは錆止め塗装の他、オプションで当社基準色(ホワイトグレー色)での粉体焼付塗装や溶剤系塗料による指定色焼付塗装にも対応します。焼付塗装の場合は、ガラスを工場で取り付けて出荷することも可能です。壁への枠のアンカーによる溶接の他、ネジ固定もできます。※3その場合はネジ用の皿穴加工を施して出荷します。
※1 特定防火設備となり得るのは、マドなしの場合のみです。
※2 防火設備となり得るのは、網入りガラスを使用する場合のみです。
※3 ドアのサイズや総重量によっては対応できない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 構造規定の特定防火設備・防火設備なので、認定書等は不要
  • アンカーによる溶接のほか、一部ネジ固定にも対応
  • すべて1mm単位のオーダーメイドで、外枠の形状、パッキンの有無、
    沓摺の形状など自由に選択
  • 焼付塗装にも対応、その場合はガラス工事にも対応します。

DST40・片開-3方枠

DST40-片開-3方枠図面 【クリックして拡大】

DST40(片開)図面集 DST40(ピボットヒンジ片開)図面集

DST40・両開-4方枠

DST40-両開-4方枠図面 【クリックして拡大】

DST40(両開)図面集 DST40(ピボットヒンジ両開)図面集

防火設備とは

「防火設備」とは、防火戸やドレンチャー(消火設備の一種)など、火災が起きたときに炎が回るのを防ぐための設備の総称です。 「防火設備」には、特定防火設備と防火設備の2種類があり、防火戸にも特定防火設備と防火設備があります。

【特定防火設備】

火災の拡大を防止する目的のものであり、防火区画や防火壁の開口部、外壁の開口部、避難階段の出入り口部分などに用いられるものをいいます。

【防火設備】

主として開口部の延焼防止を目的として、防火区画の一部や外壁の開口部などに用いられるものです。消防法で定められた危険物を扱う部屋にも防火設備を使用します。

防火設備・特定防火設備は、建築基準法および建築基準法施行令では「政令で定める技術的基準に適合するもので、 @国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものまたはA国土交通大臣の認定を受けたものに限る」とされています。 具体的には平成12年建設省(現国土交通省)告示で規定されており、法令上は平成12年建設省告示に規定した構造方法で作られた扉や窓であれば、自動的に防火戸として認められるということが言えます。

※各地域の条例等がある場合は、その条例に従う必要があります。また、法令の解釈は個人によっても見解が分かれる場合があり、詳しくは施工現場を監理する行政機関等への確認が必要です。

詳しくは雑記帳【防火設備とドア】をご覧ください。

▲

まずはお気軽にご相談ください!

Map icon 営業所をみる

Mail icon お問い合わせへ