商品案内

工場・クリーンルーム用防災設備

軽量大型ドア

イスターカーテン(アルミ折れ戸)

複層ガラス各種

ガラスパネル

パネリス工事・パーティション工事

スチールガラリ-GTシリーズ

GTシリーズ(スチールガラリ)

GTシリーズ用途いろいろ4種類の角型スチールガラリシリーズ

1.6mm厚のスチール鋼板製の角型ガラリです。両側フランジ挟み込みタイプの“GT”、片側フランジで面付けタイプの“GTS”、 壁厚に合わせて見込み寸法を指定できる屋内間仕切り用の“GTI”、簡易庇と水切りを標準装備した、外壁用の“GTO”の4種類をラインナップしています。 どの仕様も山型と片流れの2種類の羽根形状を選択でき(ただし、外壁用は片流れのみ)、寸法も1mm単位で指定できます。※1

※   1   H寸法は一部製作できない寸法があります。

  • 山型、片流れの2種類の羽根形状から選択可能(ただし、外壁用は片流れのみ)
  • 壁やドアへの取付けが容易
  • 1.5mm厚のスチール鋼板製で丈夫な造り
  • すべて1mm単位のオーダーメイド(H寸法には一部制限があります)

GT

壁やドアに挟み込んで取り付けることのできる、両フランジ型の角型スチールガラリです。

GT-画像

GT(山型-Y38/片流れ-N33)

GT-図面 【クリックして拡大】
スチールガラリGT(両フランジ型) 図面集

GTS

片側にフランジをつけた、取付け相手を選ばない便利な角型スチールガラリです。

GTS-画像

GTS(山型-Y38/片流れ-N33)

GTS-図面 【クリックして拡大】
スチールガラリGTS(片フランジ型) 図面集

GTI

取付ける壁の厚みに応じて見込み寸法も自由に設定できる角型スチールガラリです。

GTI-画像

GTI(山型-Y38/片流れ-N33)

GTI-図面 【クリックして拡大】
スチールガラリGTI(溶接固定仕様(屋内用)) 図面集

GTO

簡易庇と水切りを標準装備した、外壁にも使用可能な角型スチールガラリです。

※羽根には雨返しが付いておりますが、完全防水ではありません。風を伴う降雨の場合は、雨水の浸入があります。

GTO-画像

GTO(片流れ-N33)

GTO-図面 【クリックして拡大】
スチールガラリGTO(溶接固定仕様(屋外用)) 図面集

縦桟

縦桟

製作範囲

型式 スチールガラリGT
(挟み込み)
スチールガラリGTS
(直付け)
スチールガラリGTI
(屋内間仕切り)
スチールガラリGTO
(外壁用)
Y38 N33 Y38 N33 Y38 N33 N33
羽根の形状 山型 片流れ 山型 片流れ 山型 片流れ 片流れ
対応厚み(見込み) 38〜170 38mm〜(38mm) 80〜170※1 80〜170※1
有効寸法 W寸法
118 〜2000 ※2
H寸法
118 〜2018※3
W寸法
100 〜2000 ※2
H寸法
100 〜2000※4
W寸法
118 〜2000 ※2
H寸法
118 〜2018※3
W寸法
100 〜2000 ※2
H寸法
100 〜2000※4
W寸法
118 〜2000 ※2
H寸法
118 〜2018※3
W寸法
100 〜2000 ※2
H寸法
100 〜2000※4
W寸法
100 〜2000 ※2
H寸法
100 〜2000※4
備考 有効面積で2uまで

※ 単位=mm

※1 表中の寸法は縦枠の見込み寸法です。横枠はマイナス6mmとなります。
※2 有効W寸法が1500mm以上の場合、中央に縦桟が入ります。
※3 有効H寸法は、118mmから25×n(n=5〜76)をプラスした寸法限定となります。
※4 有効H寸法は、100mmから50×n(n=2〜76)をプラスした寸法限定となります。

仕様

型式 スチールガラリGT
(挟み込み)
スチールガラリGTS
(直付け)
スチールガラリGTI
(屋内間仕切り)
スチールガラリGTO
(外壁用)
枠・羽根の材質 スチール鋼板1.6mm
羽根の形状 山型 片流れ 山型 片流れ 山型 片流れ 片流れ
計算上の開口率 38% 33% 38% 33% 38% 33% 33%
流量係数α - - - - 0.194 0.164 0.162
圧力損失係数ζ - - - - 26.6 37.1 38.2

※ 計算方法は下記「ガラリ開口率の計算方法」を参照ください。

●「流量係数α」、「圧力損失係数ζ」について
これらの数値は、公的試験機関にてJSTML6201「換気ガラリの通気性能試験方法」に基づいて試験した結果、得られた数値です。 (試験体の有効方法 368W×347H)

流量係数α・・・空気の流れやすさを表します(最大1最少0)。開口のみの状態でも、開口周囲の抵抗により、数値は1ではなく0.6程度と言われています。
ガラリの有効面積(当社ガラリの有効W寸法×有効H寸法)にかける事で、有効開口面積となります。 流量係数は試験サンプルの有効開口面積を測定結果から求めて、有効面積で割った値として算出されます。

圧力損失係数ζ・・・通気抵抗の大きさを表します。
圧力損失係数に空気の密度/2×空気の速度の2乗をかけると圧力損失の値となります。

羽根の形状

山型/片流れ

羽根形状山型_片流れ
【クリックして拡大】

開口率の計算

開口率=空気通路最少間隔(A)/羽根のピッチ(B)

スチールガラリ GT Y38型・N33型、
スチールガラリ GTS Y38型・N33型、
スチールガラリ GTI Y38型・N33型の
スチールガラリ GTO Y38型・N33型の
開口率計算は以下の通りです。

ガラリの開口率の計算
▲

まずはお気軽にご相談ください!

Map icon 営業所をみる

Mail icon お問い合わせへ